オススメ!格安スマホを比較・紹介!

お得なのはどこ?SIMカードや格安スマホサービスを紹介します!あなたの携帯代安くなりますよ!

*

通信容量の上限はどう選べばいい?データ通信の目安を知りたい!

      2015/07/30

格安スマホ・SIMカードを契約する際、データ通信量の上限をどうするか?というのが悩み所ですよね。

例えば、メールは1通どれくらい?YouTubeで動画みたらどれくらいの通信容量が必要なのか?なんてわからないですよね。

そこでこのページでは、通信サービスを利用するごとに必要となる通信容量の目安をまとめてみました。

 

利用する通信 必要な通信容量
YahooモバイルのTOPページを表示 およそ300KB
300文字程度の文字だけのメールを送信 およそ5KB
Twitter公式アプリで140文字をツイート およそ90KB
YouTubeの動画を5分閲覧 およそ11MB
AndroidでGoogleマップを表示し縮小・拡大を5回繰り返す およそ3.5MB
Skypeで3分間通話 およそ1.7MB

データ参照:IIJmio

 

ビット・バイト・キロバイト・メガバイト・ギガバイトの早見表

ここでKB(キロバイト)・MB(メガバイト)という単位が出てきますね。通信容量の単位であるB(バイト)についてまとめてみます。

1ビット(b) 最小単位
1バイト(B) 8ビット
1キロバイト(KB) 1,024バイト(B)
1メガバイト(MB) 1,024キロバイト(KB)
1ギガバイト(GB) 1,024メガバイト(MB)

ビットからバイト以外は1,024を区切りとして単位が上がっていきますね。

多くの格安スマホ・SIMサービスは最小1GBから契約できるようになっています。仮に1GBプランでどれくらいの通信ができるか?をまとめてみます。

利用する通信 必要な通信容量 1GBで
YahooモバイルのTOPページを表示 およそ300KB 3,495回表示
300文字程度の文字だけのメールを送信 およそ5KB 209,715回送信
Twitter公式アプリで140文字をツイート およそ90KB 11,680回
YouTubeの動画を5分閲覧 およそ11MB 93回閲覧
AndroidでGoogleマップを表示し縮小・拡大を5回繰り返す およそ3.5MB 292回
Skypeで3分間通話 およそ1.7MB 602回通話

こうして回数で見ると1GBでもかなりの回数ができるように思えますね。

あくまで目安となりますが、ぜひ契約前の参考にしてみてくださいね。

 

多くの格安スマホ・SIMサービスでは

  • 専用のアプリで使用した通信量が把握できる。
  • 通信容量の上限を超えても別途請求がくるのではなく、通信スピードが落ちるだけ。
  • 契約途中でのプラン変更ができる。
  • 足りなくなった場合、追加で通信容量を購入できる。

というサービスを展開しているので、通信容量についてはそこまで深く考えすぎず、とりあえず1GBか3GBのプランに申し込んで様子を見る。というのがオススメです。

 

>>1GBのプランがある格安SIMサービス

>>3GBのプランがある格安SIMサービス

>>上限無しで使い放題の格安SIMサービス

 

 - SIMカードの基礎知識