オススメ!格安スマホを比較・紹介!

お得なのはどこ?SIMカードや格安スマホサービスを紹介します!あなたの携帯代安くなりますよ!

*

iPhoneの新型iPhoneSE発表!6Sや5Sとの違いは

   

3月22日AppleがiPhoneの新型iPhoneSEを発表しました。このiPhoneSEの特徴などをレビューしていきたいと思います。

iPhoneSEの特徴

iPhoneSEはSEがが発表される前の最新機種であった、iPhone6Sの機能や性能、処理スピードやカメラの性能などなどがそのままで、その前の形であったiPhone5Sの大きさに収めた。というものです。

詳細スペックは以下の通りです。

  • ディスプレイ:4.0インチRetinaディスプレイ(iPhone5sと同じ大きさ)
  • CPU:A9チップ/M9モーションプロセッサ(iPhone6sと同じ、5sの3倍の速さ)
  • バッテリー持ち:LTE通信で最大13時間(iPhone6sが最大10時間)
  • ビデオ撮影:4Kビデオ対応

iPhone6から大型化した事で特に手の小さい女性は「手に収まりにくい」「落としやすい!」という声を聞いて新たに販売されたものなのでは?と思っています。

また、形が同じ5Sにはなかったピンクも新たに追加されたため、これまた女性に嬉しい点ですね。

気になるiPhoneSEのSEとは「SpecialEdition」の略だそうで、iPhone4や5や6などとは少し毛色の違う商品展開である。というのが察せられますね。

 

iPhoneSEの価格は?発売日は?

DoCoMo・au・Softbankでの予約開始は3月24日からです。SIMフリーモデルはAppleストアで同じく3月24日に予約開始です!販売開始は3月31日からです。

価格は16GBで52,800円。64GBで64,800円です。この価格はAppleストアでSIMフリーモデルを購入した場合の本体代金だけの価格なので、DoCoMo・au・Softbankでの2年契約割引(があった場合)の価格は含まれておりません。

6Sの本体価格が64GBが118,000円で128GBが122,800円だったのに比べると半額近い本体価格になりました。6S発表当時は本体価格の高さが良くも悪くも話題になりましたよね・・・

 

iPhoneSEはこんな人にオススメ

iPhone5Sや6を使っていて、そろそろ充電の持ちも悪くなってきたし、機種変更したい。でも6Sは大きすぎるので困っていた。

iPhone6Sに変えたかったけど、本体価格が高すぎて買えなかった。

 

こういう方は間違いなく「買い」ではないでしょうか。あとはSIMフリー版をAppleストアで買うかDoCoMo・au・Softbankなどの従来キャリアで買うか。の2択でしょう。

 

端末価格が6Sに比べ半額近い価格になった事から、端末を一括で買い、格安SIMの回線を利用して固定費も安く済ませるのが金銭的な負担はもっとも少ないでしょう。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね! >> iPhoneで利用できる格安SIMは?

 

格安SIMはなんだか怖いので避けたい!という方はおとくケータイ.netがオススメです。おとくケータイ.net

おとくケータイ.netはSoftBankの代理店になるのですが、SoftBankの特典に加え、独自のキャッシュバックなども展開している事がおすすめする理由です。

ネットで申し込むと郵送で機種が送られてくるのも手軽で良いですね!

 

 

 - スマホ・パソコンレビュー