オススメ!格安スマホを比較・紹介!

お得なのはどこ?SIMカードや格安スマホサービスを紹介します!あなたの携帯代安くなりますよ!

*

ドコモのガラケーから格安スマホDMMモバイルにMNPしたレビュー

   

このページではドコモのガラケーからDMMモバイルへMNP(ナンバーポータビリティ)完了までの流れを具体的に説明していきます。MNPを検討している方の参考になれば、と思います。

DMMモバイルを選んだ理由

MVNO(格安スマホ業者)はたくさんある中、MNP先としてDMMモバイルを選んだ理由についてまず説明します。

利用するスマホが私がドコモ回線で過去利用していたギャラクシーSC-01Fという機種だったため、ドコモ回線を利用した格安スマホ業者から選ぶ必要がありました。ドコモ回線で利用したいた機種はドコモ回線を利用している格安SIMでしか利用できないためです。(参考リンク→ドコモ回線の格安SIM業者の一覧
ドコモ回線。という前提以外の条件が以下の通りです

  1. 安さを重視する
  2. 電話(音声通話)はあまりしない
  3. オフィスにいる時間が長いのでWiFi環境は充実しており通信容量は少なくていい
  4. 契約内容を後々変更できる
  5. 乗り換えの電話不通期間は数時間以内である事(24時間以上は待てない)

以上の6点でした。

最終候補に挙がったのが、DMMモバイル楽天モバイルmineoでした。どれもドコモ回線で料金プランも充実していて迷いましたが、最終的にはタイトル通りDMMモバイルに決めました。最終的な決め手はズバリ料金です。比較してみたのが以下の表です。

DMMモバイルの申し込みはこちら

楽天モバイル・mineo・DMMモバイルの料金比較

プラン名 月額料金 最大受信速度 通信量 SIM枚数 SMS
楽天モバイル – 通話SIM+通信容量5GB 2,150円 150Mbps 5GB/月 1枚 無料
mineo – 通話SIM+通信容量5GB 2,280円 75Mbps 5GB/月 1枚 無料
DMMモバイル – 通話SIM+通信容量5GB 1,910円 225Mbps 5GB/月 1枚 無料

電話回線のある、5GBのプランで比較してみました。もっとも月額料金が安いのがDMMモバイルです。つながりやすい・つながりにくいなどは全て同じドコモ回線である事から考慮しませんでした。

DMMモバイルの申し込みはこちら

DMMモバイル申し込みの流れ

DMMモバイルの申し込みから利用開始までは全てネットで完結します。申し込み時に準備が必要なものが本人確認書類・クレジットカードが最低限必要で、MNPの場合、MNP予約番号も必要です。

実際の流れはとても簡単で「申し込みプランの選択」「会員登録」「クレジットカード情報の入力」「本人確認書類の送信」というような最低限の流れでOKです。

これらの入力が済むと、DMMモバイルから SIMカード(スマホ本体も申し込んだ場合はスマホも合わせて)が発送されます。今回の場合は二日後にSIMカードが郵送させてきました。

DMMモバイルからSIMカードが届いてからMNPの手続きについて

MNPの場合、DMMモバイルからSIMカードが届いたらまず行う事がDMMのマイページから電話回線切り替え申請ボタンをクリックし、申請を行う事から始まります。

この際、注意点が2点あります。

  • 電話番号の切り替え申請は電話回線切り替え申請は10:00~19:00(土日祝祭日含む)に行う必要があります。
  • 電話回線切り替え申請を行ったら2〜3時間電話が繋がらなくなります

2,3時間待つとDMMモバイルから電話回線の切り替え修了のメールが届きます。これでMNPの手続きが終わり、ドコモからDMMモバイルに電話回線が切り替わりました。

SIMカードを挿入しスマホ側の設定を行う

電話回線の切り替えが終わり、次はスマホ側の設定を行います。SIMカードの挿入位置はスマホの機種により変わります。今回利用する事にしたギャラクシーSC-01Fは裏蓋を開けて見えるバッテリーの横にあります。もしSIMカードの挿入位置がわからない場合、「機種名 SIMカード 位置」などで検索して調べてみましょう。

SIMカードを挿入してからDMMモバイルで使えるように設定を行う必要があります。このスマホ本体の設定はDMMモバイルからSIMカードと合わせて届く設定の冊子を見ながら行えばまず間違える事はないので、安心して良いでしょう。

最後にスマホ本体の再起動を行いましょう。以上で設定は終了です。ギャラクシーSC-01Fで以前ドコモのガラケーで使っていた電話番号をDMM回線で利用する事ができるようになりました。通話や通信も安定しており、今まで使っていたドコモの回線と遜色や違和感なく、利用できています。これまでドコモには7,000円ほど支払っていたのですが、DMMモバイルの通話料金と合わせて2,500円ほどに収まり、乗り換えて本当によかったと思っています。

DMMモバイルの申し込みはこちら

以上がDMMモバイルを選んだ理由、DMMモバイルの利用から使用感などです。

ここから、電話帳の移行など、本体側の事前に準備しておいたほうが良いこと、をまとめます。私の場合とおなじくドコモのガラケーから過去利用していたスマホに乗り換える場合、参考にしてくださいね。

MNP前に準備しておいたほうが良い事

電話帳や写真など、ガラケーからスマホへのデータ移行

ドコモのガラケーから自分で簡単にスマホ側に電話帳を移す事ができます。用意が必要なのが、microSDカードです。ガラケーの電話帳メニューから電話帳の全データをmicroSDカードにコピー。ガラケーで撮った写真なども電話帳と同じく、microSDカードにコピーすることができます。

電話帳や写真など、ガラケーからデータを移したmicroSDカードをガラケーから抜きスマホに刺します。電話帳や写真はスマホの電話帳や写真のメニューからmicroSDからインポートを選択する事でスマホ本体にデータを移す事ができます。

microSDカードはmicroSD,micorSDHC,microSDXCと種類があります。念のためガラケー・スマホ側に対応している・していないmicroSDカードがあるかを調べておきましょう。

スマホのデータフォーマット

スマホのデータフォーマットはアカウントメニューのバックアップとリセット→工場出荷状態に戻す。というメニューをクリックするとデータがすべて消され、買った時の状態に戻されます。人に渡したり売る事があるのであれば、かならず工場出荷状態に戻すようにしましょう。

DMMモバイルの申し込みはこちら

 - 格安SIMカードレビュー